【製菓材料が揃う!!】cottaキャンペーン実施中➤

シフォンケーキの型はアルミ製?紙製? | パティシエがおすすめする失敗しないシフォン型の選び方とは?

こんにちは!

シフォンケーキは食べるのも作るのも大好きなかめ(@kame_okashi)です。

シフォンケーキを作る時に必要な物の1つに型がありますよね。

ただ、シフォンケーキの型はアルミ製か紙製かどっちがいいのか迷う事も多いと思います。

そこでこの記事ではそれぞれのメリット・デメリットと選ぶポイントをまとめていますので、ぜひ型選びの参考にしてみてください♪

シフォンケーキの型はアルミと紙のどちらがいいの?

 

まず個人的にはシフォンケーキはアルミ型の方が上手く焼けるのでアルミ型をおすすめします。

理由をざっくり解説すると、アルミ型の方が熱伝導率が高くふっくらと焼ける上に、水分が抜け過ぎないのでしっとりとした食感を維持出来るからです。

 

かめ
でも人によっては紙の型の方がよかったり、アルミと両方使い分ける方が良かったりするんだ
みーちゃん
人によって変わるならそれぞれにメリットとデメリットがるという事ね。それを見て行こうよ

 

シフォンケーキ型を選ぶポイント!アルミ型で焼くメリット&デメリット

 

シフォンケーキを焼くときに必ず必要になるのがシフォン型。

そんなシフォン型で、よくおすすめされるアルミ製の型にのメリットとデメリットについてまとめています。

アルミ型のメリットはキレイな焼き上がり!

アルミ型の1番のメリットは焼き上がりが綺麗という事。

お菓子作りをするなら誰しも綺麗に作りたいと思いますよね。

その点、アルミ型は熱伝導率が良く、膨らみも良いので焼きあがった時の見た目の印象が変わってきます

 

かめ
紙型と比べた時に何度も使えるという点も大きなメリット!さらに何度も使えるから愛着も湧くよね♪

 

さらにシフォンケーキに慣れてくると型抜きも楽しみの一つになってくるので、そう言った意味では中級者〜上級者向けな型かもしれませんね♪

シフォンケーキが好きなら先に型を買って頑張ってみるのもありですね!

アルミ型のメリット
  • 熱伝導率が良く綺麗に焼ける
  • 何度も使えて経済的
  • 愛着が湧く

 

アルミ型のデメリットは型外しの難しさ!

 

アルミ型の1番のデメリットは型外しのしにくさです。

かめ
せっかく上手く焼けたのに型から外す時にボロボロになっちゃった!

こういった失敗って結構あるんです。

でもその反面、綺麗に外せる様になった時の喜びも大きいんですけどね。

みーちゃん
つまりお菓子作りが楽しくて極めたいって人ならアルミ型1択ね

その他にデメリットと言えば型を洗う事の大変さです。

シフォンケーキは生地を型にくっつけるケーキなので、どうしても型に生地がこびりついてしまいます。

お湯に漬けるなどしてふやかして洗う必要があるので、一手間かかる点もデメリットになってしまうんです。

 

アルミ型のデメリット
  • 型外しが難しい
  • 洗う手間がかかる
  • ラッピングが難しい

 

シフォンケーキの型を選ぶポイント!紙型で焼くメリット&デメリット

 

紙型のメリットはなんといってもプレゼントのしやすさですね。

しかし、膨らみにくいというデメリットも。

ひとつずつ見ていきましょう♪

 

紙型のメリットはプレゼントのしやすさ!

紙型の1番のメリットはプレゼントとして渡す時に楽チンという事です。

 

かめ
OPPシートなどでラッピングしちゃえば型のまま渡しても綺麗だし持ち運びも楽チンだもんね!

紙型は型抜きをする必要がないので型外しで失敗する心配もなくなるのでおすすめなんですよね。

さらに言えば、型自体が安いので気軽に作り始める事が出来る点や、後片付けも楽な点がメリットとしてあげられます。

 

紙型のメリット
  • プレゼントしやすい
  • 型外しが楽チン
  • 後片付けが楽

 

紙型のデメリットは膨らみにくさ!

 

紙型の1番のデメリットはなんと言っても膨らみの悪さです。

やはり熱が上も横も均一に伝わるアルミに比べると火の入り方が均一ではないので、膨らみに影響が生まれてきてしまうんです。

 

かめ
紙型の場合、型に覆われていない上面が先に焼け固まって上に膨らむ力を抑えこんでしまうんだ

さらに紙型の場合、長期的に見た時のランニングコストや乾燥しやすいなどの点からもアルミ型と比べた時に見劣りしてしまう点ではあります。

紙型のデメリット
  • 膨らみが悪い
  • 長期的に見ると金額が高い
  • 乾燥しやすい

 

タイプ別シフォンケーキの型の選び方

 

ではここまで見てまだシフォンケーキの型選びに迷うならタイプ別にシフォンケーキの型の選び方をまとめましたので参考にしてみてください♪

シフォンケーキをたまにしか作らない人や始めて作ってみたい人は紙の型でOK

シフォンケーキをたまにしか作らない人なら間違いなく紙の型でOKです。

シフォンケーキを年間に何回も焼く人ってそんなに居ないですよね。

なので、たまに作るくらいなら場所もとらない使い切りの紙の型がおすすめです。

 

そーた
紙の型なら型が安い分作りたいサイズのシフォンケーキをいつでも作れるからいいよね

 

シフォンケーキを自宅で食べる事が多い人はアルミ型がおすすめ

シフォンケーキを主に家で作って家族で食べるというのであれば多少の型抜きの失敗があっても許されるので、アルミ型にしましょう。

家庭で練習して慣れたらアルミ型で作ったシフォンケーキをプレゼントなんてのもいいですよね♪

 

みーちゃん
なんたって1番美味しく焼けるんだから持ち運びや型抜きが必要ないならアルミ型よね

 

シフォンケーキをプレゼントする事が多い人はアルミ型&紙型の両使いがおすすめ

 

誰かにプレゼントするなら紙型の楽チンさにはかないません。

でもせっかく焼いたシフォンケーキなら美味しく食べたいですよね。

 

かめ
そんな欲張りさんには両方持っておいて使い分けるのが1番おすすめだね♪

多少コストはかかるかもしれませんがそれで喜ぶ人がいるのなら紙の型を上手く使いこなすのもお菓子作り上級者かもしれませんね。

 

シフォンケーキの型を選ぶならアルミ型?紙型?メリット・デメリットのまとめ

 

みんな大好きなシフォンケーキの型の選び方やそれぞれのメリットとデメリットについてまとめました。

ぜひシフォンの型選びの参考にしてみてください。

【シフォンケーキの基本】パティシエが教えるモチッと美味しいチョコレートシフォンのレシピと失敗しない為のコツとは?

【もう失敗しない!】パティシエが教えるシフォンケーキを失敗の原因とは?萎むのはメレンゲや混ぜ方が原因!?

最後まで読んでくださりありがとうございます。

カテゴリー(サイトマップ)


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'p_table_func' not found or invalid function name in /home/c6998836/public_html/dorakame.com/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287